2004年10月14日

代ゼミ浪人を始めて…(夏休みまで)

で、浪人を始めるべく、代ゼミに申し込みに行きました。
しかし、25%オフの授業料ではまだ少し高い。

だからそのスカラシップの期限が切れるギリギリまで認定試験と言うのに挑戦しました。

代ゼミには3段階ぐらいのレベル設定があります。
まず、一般クラス。
ここは難関大ではないところを目指すクラスが多いクラスです。
無試験で入れます。

次、ハイレベルクラス。
ここになるとそこそこレベルが高くなりいわゆる難関大を目指す人向けのクラス。
スカラシップのよる試験免除もしくは試験に合格する必要があります。

そしてトップレベルクラス。
ここは超難関大を目指す人向けのクラスです。
ここもハイレベルクラスと同様です。

僕はトップレベル東工大クラスに入りました。
もちろん、自分のレベルなんてそのクラスには到底およばない。
でもそこでがんばれるだけの努力をしなければならないと思った結果です。

で、まあスカラシップを使わずに入るには先に言った試験が必要になるんですが
この試験を受けると成績がいい人には授業料免除の案内が来ます。

で、自分は2回受けました。
得た、結果。




25%。






変わんないし!!




しょうがないのでスカラシップ使って入りました。
テストの認定証なんてしょぼくて出すの嫌だモンね。
そうして東工大クラスに入りました。

ここでの授業とその内容、講師の人を紹介しましょう。

まず、月曜日
1限:英語精選構文B(薬袋先生)
構文の把握、精読をしっかりできるようにするための授業です。
しかし・・・この先生が問題でした。
この先生、実力はあるんですが・・・



めっちゃささやき声。





朝っぱらからこんな声聞かされたら寝て当然だは!!

そんな様子で過ごしました、1限。

2限:セレクト理系数学B(西岡先生)
東大・京大・東工大・早稲田・慶応といったところの理系数学を演習していく授業です。
Bは極限や平面図形と座標といったあたりの分野を担当しています。
代ゼミにいる人ならこの先生は知っているでしょうという超人気講師です。
津田沼には生で授業しに来ていました。

3限:センター試験古文(高木先生)
センター試験の古文を攻略するための講座。
高木先生は去年まで津田沼に来ていて今年からは新潟の方になりました。
まあなんというか…女好きな先生ですね。いやらしいところはないのだけどw

4限:ハイレベル物理A(為近先生・サテライン)
難関大を目指す理系の物理を講義していく授業。
この先生も超人気講師。
すんごくわかりやすい授業を展開してくださいました。
Aは波や光の分野担当。
この授業は代々木校からの衛星中継で行われました。(サテライン)

5限:ハイレベル物理問題演習(為近先生・サテライン)
ハイレベル物理で学んだことをもとに演習していく講座。
授業中は問題をひたすら解説して行きます。
ただ、問題の中でハイレベル物理で話さないようなことが出てきたときは
その場で解説、注意書きをしてくれました。
これも代々木中継。

ってな感じのやつの記事を一つ作ります。
というわけでこれは後ほど。で、4月半ばぐらいから授業は始まりました。
高校の授業とはやはり違います。
教え方、教えてくれること、すべて。

すんごく新鮮味あるし、学んでいて面白いと思えるんですよね。
これが予備校の力か、とすぐに実感しました。

まあ予備校というところ、先生は変な人が多く、
普通に授業をまじめにする人もいれば
雑談が授業の半分を占める人も。
でもその雑談は本当、面白いんですよね〜。

聞いててまじウケルw
眠気も結構吹き飛びます。
集中力が持つということなんでしょうね。

嫌いな英語もこれなら学校よりも進んで学ぼうという気になりました。
数学ももう、定理とかはほとんど知っているような感じでしたので、
先生たちも一から教えるというわけではなく理解を深められるような教え方をしてくれました。




1学期は基本を教えるようなカリキュラムになっています。
基本だから問題は簡単かというと、そんなことはありません。
テキストは良く研究されて作られており、
大体、生徒の一つ上のレベルになるように設定されています。
でも、それできちんと基礎力を、土台を作り上げることができるように授業をしてくれる。
感動物でした。

1学期の間はそんなに忙しく無いので
体を動かして健康的であるべきだ、と思った僕は
このころからコナミスポーツクラブへ行くようになりました。

始めはボディパンプをやりたかったんですが
どうしても時間が合わず
しばらく母親と同じエアロビクスに出ていました。
でも難しいんですよね、エアロビって。
BTSJのプログラムは単純なつくりですごい動きやすいのでやりやすいんですが…。

そんな感じで1学期・夏休みまでコナミに行きながら過ごしました。
友達はこの時期にバイトしてたりもしました。

夏休み、1学期の基礎を作り上げる授業が終わり、
各先生は夏休みは自分のオリジナル講座というものを中心に講義を進めます。
テキスト編集から授業まですべて自己責任で作り、展開するというものです。
普段から受けている先生の授業を取ればそれはとても理解が深まるようになっています。

夏休みの授業は1学期の復習をする先生、学期中では終わらないからと長期休みの講座も使った年間計画で授業を展開する先生のタイプに分かれます。

授業は夏は10個ほど取りました。
そして授業はちゃんと自習時間に予習復習して、さらに自習時間には1学期の復習もしました。
このときから1日10時間の勉強時間になっています。
朝9時に予備校に入り、夜の9時までちょっとの休憩と昼以外はこもりっきり。

よくできたもんです、この勉強嫌いが。

それもこれも友達と一緒だったからだと思います。
やっぱり友達とあーだこーだいいながら一緒に勉強したり、話したりすると
自然とはかどるもので
もちろん自分1人でやる時間の方が多いんですが
詰まった時はお互い教えあう、という形でした。
雑談でストレスも取れるし、友達って大事だなぁ…って思えるときですね。

夏休み、もちろん2ヶ月ずーっと休まずだったわけではありません。
2,3日は何もしない日があったと思います。
でもそれって結構重要で。
そういうときがないと普段、集中力って持たないんです。

勉強中の休みもこまめに取りました。
2時間やって30分休むぐらいの。
それが一番集中できるって言われたので。
そして一日に同じ教科を3時間以上勉強しないとか。
いろいろ工夫し始められたときでした。

そうして夏休みは終わって行きました・・・。
まあ1学期の復習、全部終わるはずはないんです。
先生もそのつもりじゃないし。
そんな感じで2学期突入です!
posted by Xform at 01:35| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予備校未経験者です。
行けるトコへ行く主義でしたので・・・
Posted by ミッキー at 2004年10月14日 23:44
がんばれ。
Posted by はーこ at 2004年10月15日 01:02
>ミッキーさん
なぜだか、うちの高校は意識だけは高く、レベルは低く、みんな無駄だと思っても受けて浪人していきます。特に理系w
進学校って予備校率も高いですから・・・。
とりあえず、満足するまでやる主義です。

>はーこさn

がんばりました。
寝ますZzz
Posted by Xform at 2004年10月17日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/804001

この記事へのトラックバック


Excerpt: サテラインサテライン(SATELINE)とは、代々木ゼミナールが行う、衛星通信方式の講義システム名。なお、建前上は子会社の株式会社日本入試センターの主催である。SatelliteとLineの合成語。代..
Weblog: 予備校へ行こう!
Tracked: 2007-10-05 14:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。